LifeGadget生活をサポートする記事メディア「ライフガジェット」

格安シム選びに迷ったらサービスに特徴のあるMVNO会社を選ぼう

格安シムを提供している会社が多すぎて、何を基準に決めれば良いか決めかねているユーザーも多いのではないでしょうか?

かくいう私もその中の一人です。

月額の利用料は多少の差はあるものの数百円の差。回線速度については、自分の住んでいる地域で実際に試してみるしか知る方法はありません。

値段と回線速度が変わらない・分からないのであれば、各社が提供する特徴的なサービスを基準に選んでみるのはどうでしょうか?

各社サービスを比較していると、それぞれ色濃く特徴を出しているので、自分のライフスタイルに合ったサービスを探してみましょう。

LINE MOBILE

コミュニケーションプラン

LINE MOBILEでは、【LINE】、【Twitter】、【Facebook】、【Instagram】のデータ利用量が使い放題になる『コミュニケーションプラン』というサービスを提供しています。

料金プランを選ぶ際に通信量を選びますが、3GB以上の契約をすれば、もれなく上記SNSの通信が使い放題になります。

『コミュニケーションプラン』の良い点は、契約した容量が底をついて、低速モードになった際でも高速でSNSの利用をする事ができます。

Facebook上のイベントページのタイムラインで連絡を取り合って待ち合わせをしたり、LINEで写真の共有をしたり"今すぐ"連絡が取りたい時や、出来事を共有したい時に嬉しいサービスです。

nuroモバイル

時間プラン

毎日5時間まで高速データ通信をする事ができる、容量にとらわれず時間制限で高速通信ができるプランになります。

一日5時間の制限があるので、高速でネットを利用したい時はスイッチをON/OFFにするのかな?と思っていたのですが、どうも違うようです。

高速と低速の切り替えは、nuroモバイルが自動的に行い、一定時間内に高速通信に切り替えるべき通信量かを自動的に検知し、5分間高速でデータ通信できる権利を自動的に付与します。

高速と低速に切り替える手間はかかりませんが、高速で使いたい時に使えなくなる場合も発生するので個人的には使い勝手が悪そうな印象ですが、私の場合自宅や職場にWi-Fi環境が整ってるので平日に限っては1日5時間の高速通信を使い切る自信はありません。

また、余った高速通信時間については翌日に繰り越すことはできません。

しかし、5時間以内であれば通信総量が無制限という驚きの仕様。大きなファイルの送受信をしても影響がないので、外出先でテザリングする機会の多い方にはかなり向いている格安シムでしょう。

DMMモバイル

ポイントの付与

DMMモバイルは、利用料の10%がDMMポイントとして溜まります。

しかし、そのポイントの有効期限は何と1ヶ月(※現在はキャンペーンで3ヶ月)とかなり短めに設定されています。

例えばデータSIMプランの5GBの場合、月々1,210円で利用する事ができ、DMMポイントが121ポイント付与されます。

ポイントを利用すると、映画や電子書籍など様々なコンテンツを利用する事ができますが、121ポイントで何ができるかというと、基本的には何も購入する事はできません。

しかしこのポイントを有効利用するために作られたようなサービスがあります。それは【10円動画】です。

アダルトコンテンツなのですが、1分10円という分単位でアダルト動画を販売しており、121ポイントであれば12分間閲覧する事が可能なので、大人の男性にはちょっとしたオマケとして嬉しいMVNO会社ではないでしょうか


DTI

ネットつかい放題

プラン名の通り、ネットが使い放題のプランです。

格安シムで、ネット使い放題のプランはあまりないので、毎日スマホを沢山利用するユーザーには特にオススメです。

ただし、ネットつかい放題プランは以下のような注意書きが記載されています。

・ネットつかい放題プランは、通信量が他の利用者の平均利用容量を著しく超えるときは、 通信速度が一時的に遅くなることがあります。(制御後の速度は上り下りともに200kbps以下) 制御は毎日23:00に解除されます。
・なお、現在の利用者様の平均利用容量から換算すると、1日もしくは連続する2日の通信総量が 1~3GB程度であれば制御対象にあたりません。 また、DTI SIMサービスの設備上の帯域利用状況によっては、3GB以上ご利用可能な場合もあります。
・通信制御対象となる可能性がある場合、申し込み時のメールアドレス宛にアラートメールを送信します。 しかしながら、瞬間的に大量の通信を行った場合等、アラートメールによる事前予告なく通信制限対象になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
引用:DTI

つまり、異常なほど利用しなければ速度制限はかかりません。

明記されている、1日に1GB~3GBというデータ利用量は、あまり動画を観たりしないユーザーの1ヶ月で利用する通信量に相当します。

DTI SIM 基本LP

自分のライフスタイルに合わせた格安シム選びをしよう

それぞれ色濃い特徴が出ているシム会社、あなたに合ったサービスは見つかりましたか??

値段だけを比較するよりも、自分のライフスタイルに合ったシムを選ぶ事で、低速通信でストレスを感じなくなったり、思う存分データ通信を行う事ができるようになります。



この記事を書いた人

馬場
馬場

ディズニー好きで動物好きの元ネトゲ廃人。 気の利いた小物(ガジェット)は大好きだが、物をよく無くすので持ち歩くのは最小限の装備が良いミニマリスト。