LifeGadget生活をサポートする記事メディア「ライフガジェット」

iPhoneの容量不足問題は「外付けLightningメモリ」を挿して即解決!

外付けLightningメモリ

Apple iPhoneには購入した機種によってデータを保存できる容量が定められています。64GBや128GBのiPhoneを購入したからと言っても、気づいたら容量不足に陥ってしまっていたという方もいるでしょう。そうなってしまうと、例えば毎回新しい写真を撮ろうとする度に、昔の写真を削除するという際限のない消耗戦が始まります。もちろんパソコンに保存してiPhoneのデータを整理すればよいのですが、そのような作業に慣れていないと、なかなか手が出せないのが現実でしょう。

RAVPOWER(ラブパワー)のLightningメモリ(64GB)

そこで今回オススメしたいのが、iPhone用の外付け「Lightningメモリ」です。いわゆるUSBメモリのLightning(ライトニング)版です。ちょうど私の身内にiPhoneの容量不足に悩む者がいました。この機会に自分もいろいろ調べて、以下を購入することにしました。

このRAVPOWER(ラブパワー)のLightningメモリ(64GB)を購入した決めては以下の通りです。

  • スタイリッシュなデザイン
  • 大容量の64GBにしては、そこまで高くはない平均的な値段(5,599円)
  • iPhoneにケースを付けたままでも挿せる
  • パソコンにも繋がるUSB3.0対応
  • 専用アプリに悪い評価のレビューがなかった(良い評価もなかったが)

iPhoneにケースを付けたままでも挿せる

上記の決め手の中でも一番重要だったので、「iPhoneにケースを付けたままでも挿せる」という点です。Amazonの商品検索結果の一覧を見ると、見た目的にも、値段的にも、性能的にも申し分のないLightningメモリはたくさんありました。しかし、Lightningのコネクター部分に遊びがなく、iPhoneにケースを付けていた場合、ケースの厚みのせいで挿せないものが多く見受けられました。

このRAVPOWER(ラブパワー)のLightningメモリはコネクタ部分が3ミリ長くなっているので、iPhoneにケースを付けていた場合でも問題なく挿せるようになっています。

RAVPower(ラブパワー)のLightningメモリのコネクタ部分

せっかくLightningメモリを買っても、iPhoneに挿す時は毎回iPhoneのケースを外さなくてはいけないというのは面倒です。iPhoneにケースを付けているのであれば、必ずこの点には注意したいところです。

パソコンにも繋がるUSB3.0対応

ほとんどの製品がUSBに対応しているようでした。これも大事なポイントで、USB接続で、iPhoneから移したデータをパソコンに移すことができます

rovpower lightningメモリ USB3.0

例えばiPhoneはiTunes経由で移した音楽ファイルを、別のパソコンに移すことができません(iTunes経由でも)。つまりiPhoneと同期しているパソコンが故障してしまったら、iPhoneに移された音楽ファイルは行き場を失います。新しいiPhoneに乗り換える場合に困ってしまいます。

そんな時にこのLightningメモリがUSBに対応していると、データをパソコンに直接移せるようになるので、行き場を失った音楽ファイルを救出することができます。

まとめ

iPhoneの容量不足を解消してくれるこのLightningメモリは、若干高価ではありますが、便利なアイテムだと思います。基本的には付属のアプリ(RAVPOWERの場合は「iPlugmate」というアプリ)を使ってデータの移行などの作業を行うので、性能面や使い勝手は付属のアプリに依存することになります。商品のレビューなどを読むと、アプリに関する内容も書かれているので、この点もしっかり見逃さないようにチェックしてください。

なお、今回紹介したRAVPOWERのLightningメモリはデザイン性にも富んでいますので、プレゼントにも最適なアイテムだと思います。iPhoneの容量不足で悩んでいる人にプレゼントしたら、きっと喜ばれることでしょう。ご検討ください。

この記事を書いた人

Takanori Maeda
Takanori Maeda

@maechabin - 現代音楽の作品での受賞歴もある元ニート作曲家。Kindleで小説を読んだり、Nikonの一眼レフカメラで写真を撮ったり、JavaScriptでプログラミングをしたりするのが趣味です。それからApple製品やお洒落なデザイン系ガジェットが好きです。みなさんの役立つような記事を書くためにネタを絞り出す日々が続いています。ぜひLifeGadgetを楽しんでください。